MVNO-FAN

SIMフリースマホ時代の格安SIM情報まとめブログ

おすすめのMVNO_平成28年3月21日版

当ブログがおすすめするMVNOの一覧3月21日版です。

スマホの料金が安くなるならMVNOを使ってみたいけど、どのMVNOと契約したら良いかわからないという方にも、ここを選んでおけばまちがいないというMVNO事業者となります。

電力の自由化を考えるよりも、圧倒的に家計の節約になりますよ。


スポンサードリンク



楽天モバイル

SIMフリー端末を探していて、なおかつ音声SIMプランを考えている方なら、楽天スーパーセールの実施される楽天モバイルが圧倒的におすすめです。
mobile.rakuten.co.jp
3月26日から31日までの間、ZenFoneシリーズが半額なるスーパーセールが実施されます。
購入と同時に音声SIMプランの契約が必須となっているキャンペーンですので、音声プランを検討していた方には絶好のチャンスとなります。

料金はこちら

データプラン名 通信料 料金(税別)
ベーシックプラン 低速 ¥525
3.1GBプラン 3.1GB ¥900
5GBプラン 5GB ¥1,450
10GBプラン 10GB ¥2,260
音声プラン名 通信料 料金(税別)
ベーシックプラン 低速 ¥1,250
3.1GBプラン 3.1GB ¥1,600
5GBプラン 5GB ¥2,150
10GBプラン 10GB ¥2,960

DMM mobile

とにかくMVNOのお得な料金を体感したいならDMMを選んでおけば間違いありません。
現在のMVNO界を牽引している事業者であることは間違いなく、圧倒的な低価格が魅力的です。
mvno.dmm.com
4月からは更に料金の一部を値下げするなど、未だに衰えを知りません。
通信速度に関する評判もよく、迷ったらDMMと言われるほどです。

料金はこちら

プラン名 通信料 料金(税別) 4月以降の料金(税別)
ライトプラン 低速 ¥440
データSIMプラン 1GB ¥590 ¥480
データSIMプラン 2GB ¥770
データSIMプラン 3GB ¥850
データSIMプラン 5GB ¥1,210
データSIMプラン 7GB ¥1,860
データSIMプラン 8GB ¥2,140 ¥1,980
データSIMプラン 10GB ¥2,190
データSIMプラン 15GB ¥4,570 ¥3,600
データSIMプラン 20GB ¥6,090 ¥4,980
プラン名 通信料 料金(税別) 4月以降の料金(税別)
ライトプラン 低速 ¥1,140
通話SIMプラン 1GB ¥1,260
通話SIMプラン 2GB ¥1,470 ¥1,380
通話SIMプラン 3GB ¥1,500
通話SIMプラン 5GB ¥1,970 ¥1,910
通話SIMプラン 7GB ¥2,560
通話SIMプラン 8GB ¥2,840 ¥2,680
通話SIMプラン 10GB ¥2,950 ¥2,890
通話SIMプラン 15GB ¥5,270 ¥4,300
通話SIMプラン 20GB ¥6,790 ¥5,980

DTI SIM

3月31日まで3GBプランが半年間無料のキャンペーンを実施していますので、MVNOを試すには最高の事業者です。
また、古くからMVNOに携わっているだけあり、通信速度と設備増強のさじ加減はさすがの一言です。
dream.jp
月額料金が無料になるキャンペーンは、最もお得なキャンペーンとなっていますので、ぜひこの3月中に検討してみてはいかがでしょうか。

料金はこちら

プラン名 通信料 料金(税別)
データプラン 1GB ¥600
データプラン 3GB ¥840
データプラン 5GB ¥1,220
データプラン 10GB ¥2,200
プラン名 通信料 料金(税別)
音声プラン 1GB ¥1,200
音声プラン 3GB ¥1,490
音声プラン 5GB ¥1,920
音声プラン 10GB ¥2,900

番外

イオンモバイル

価格面はもちろん、サービス面でも圧倒的な存在感を示すのがイオンモバイルです。
本来であれば一押しのMVNO事業者なのですが、発表以来あまりの人気ぶりから、現在までインターネットでの新規申し込みが出来ない状態が続いています。
この問題が解消されれば、間違いなくイチオシのMVNO事業者になりますので、早期の改善が望まれます。



以上、『おすすめのMVNO_平成28年3月21日版』でした。