MVNO-FAN

SIMフリースマホ時代の格安SIM情報まとめブログ

MVNO格安プランの料金 データ通信専用プラン 平成28年3月9日版

おすすめのMVNOの中で格安プランの料金を紹介していきます。
定期的にアップしていきたいと思います。


スポンサードリンク



So-net 0 SIM データ専用プラン

lte.so-net.ne.jp

通信料 料金
0~499MB 0円
500〜2,047MB 100MB毎に100円加算
2,048MB~ 1,600円

500MB未満で運用するのであれば、月額0円で使用可能。
小学生のLINE専用カードとして運用すれば無敵です。

フリーテル FREETEL SIM データ専用

www.freetel.jp

通信料 料金
~100MB 299円
~1GB 499円
~3GB 900円
~5GB 1,520円
~8GB 2,140円
~10GB 2,470円

段階制プランになっているので自分の使用料に応じた料金が請求されます。
ただ、3GB以上の料金に割高感があるので、ライトユーザー向けのMVNOだと思います。
100MB以内で納めれば、月額300円で使用できるので、通信速度を制限して使用すれば、こちらも有効なSIMカードになります。
低速回線でもLINE等は余裕で使えます。

DMM 高速データ通信プラン

格安SIMを選ぶなら、断然DMM mobileがおトク!

通信料 料金
低速 440
1GB 590
2GB 770
3GB 850
5GB 1210
7GB 1860
8GB 2140
10GB 2190
15GB 4570
20GB 6090

手広いサービスを展開しているDMMですが、ことMVNOに関しては素晴らしく勢いのある事業者です。
全ての通信料に対する料金設定が、この業界のほぼ最低料金をいっています。
迷った時にはDMMを選択しておけば間違いないというほどの事業者に成長しています。
ただ、魅力的なキャンペーンの展開がないのが残念なところです。

イオンモバイル データ通信プラン

通信料 料金
1GB 480
2GB 780
4GB 980
6GB 1480
8GB 1980
12GB 2680
20GB 4980
30GB 6980
40GB 9800
50GB 13800

実店舗という最大の強みがあるイオンモバイルもMVNOの世界に参入してきました。
価格も業界最安値を攻めてきており、新規参入にともなうキャンペーンもしっかりと展開しています。
ただ、執筆段階ではあまりの人気商品のため、新規受付が停止してしまっている状態です。
早い再開が望まれるところです。

このような感じでMVNOを紹介していけたらと思っています。


以上、『MVNO格安プランの料金 データ通信専用プラン 平成28年3月9日版』でした。